Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載する側の是非?回顧(3)

シリーズ記事なので「回顧」となっていますが、今回はほとんど回顧の要素はないのであしからず。1枚の写真の話をしようから始まった、阿檀さんとわたしのやりとりの軌跡については文末でまとめておきます。このやりとりは、(1)転載機能の撤廃(2)当面の転載機能不使用という2点を共通の土台としていることを最初に確認しておきます。

その上で、わたしが阿檀さんに問いかけ、やりとりを続けていることの核心を掲げておきます。
「転載機能不使用」とは、記事作成時に「転載不可」に設定すること、「転載可」のボタンを押して転載しないことを意味するのではないですか?
転載機能の使用とは、転載させる側・する側両方の行為ですが、「ショットバー転載」問題に対して阿檀さんが書かれていることを見て、「転載機能不使用」とは元記事を転載不可設定することとだけ捉えているような違和感があるのです。どちらに啓発の比重を置くかと問われれば、当然元記事作成者の「転載不可」設定だとわたしは答えます。そのことと、転載行為の是非は別問題です。転載される側の問題や転載ボタンの法的意味については今までも考察されてきたし、今でも別の場所で議論は続いています。それとは別に、「転載する側の是非」、これについて議論をしたいと思っているのです。

念のためにくれぐれも言っておきますが、事情を十分に知りながら「絶対転載禁止」と記事中に表示してわざと「転載可」にするとか、無断転載に画像すり替えで対抗するなどの行為を擁護するつもりは一切ありません。


外様は、もう一度、グレイを求める
比喩としての無断リンク
今回は阿檀さんの二つの記事に対するお返事ですが、うーん。。。まず「外様」なんて位置づけは止めませんか?わたしはどのような立場の方の発言でも先入観無しに受け止めているつもりです。

ヤフー・ブログを実際に利用する中で転載機能の疑問点に気づいたり、その危険性に対する認識を深めたりしてきた方々(わたしもそうです)と、最近の転載問題をきっかけに発言したりテスト・ブログを開設した方々と、どうも基本的なところで温度差があるような気がします。
「無断転載」について?回顧(2)

わたしがこう述べたのは、例えば失礼ながら阿檀さんも仙人さんもそうですが、最近の転載騒動に注目して議論を始めた方々の「傾向」に気づいたからです。転載機能の特異性に引きずられ、また目を奪われて、普段ならお持ちであろうごく常識的な観点を見失っているように見えるのです。本来、原則として他人の文章を無断で自分のブログ記事に転載流用することは違法であり、法律以前にモラルに欠ける行為ではないのですか?ヤフーの内でも外でも原則は通用します。だから原則なのです。紹介した05年夏の麦さんたちの議論はこの原則を確認しているにすぎません。転載機能というヤフーのルールの内側で「内部合意」を作っているのではなく、その外側に存在するより上位の原則を示しているのです。

転載機能のないブログの記事であれば、おそらく阿檀さんも仙人さんも無許諾での転載行為は行わないでしょう。普通はそうそう転載自体しないだろうし、転載したければ許諾を得て、また著作者の条件に従うでしょう。ユーザー同士の立場で、転載ボタン表示に過度の意味付けをしてはいけません。元記事作成者が法律や、機能の特徴や危険性を十分に認識して「可」表示していると確認できないのに、ついうっかりデフォルトの「可」のままにしてしまってるかもしれないのに、無断で安直に転載ボタンを押してはいけません。転載ボタンの存在をネット上の「禁無断転載」という原則より上位に位置づけてはいけないのです。ヤフーのローカルなルールに目を奪われて、もっと上位の普遍的なルールを忘れてはいけないのです。それでは「転載機能不使用」の看板に偽りありとなってしまいます。

わたしの考える「転載機能不使用」とは、言い換えれば、記事作成者・潜在的な転載希望者双方が、転載機能の無いブログでの行動と同じように振舞うことです。記事作成者は転載不可にチェックを入れボタンを表示させない、転載希望者は元記事作成者にいちいち許諾を求め条件があればそれにいちいち従う。
元々転載行為というのは阿檀さんも書かれている通り、

本当に神経を使い、自分のスキルのありったけを持ち出してする作業
比喩としての無断リンク

であって、面倒くさいものなのです。

最後に「無断リンク」との比較について。原則的に言って無断転載は法律で禁じられた行為です。無断リンクはそうではありません。したがって「無断転載禁止」は他人を拘束しますが、「無断リンク禁止」は願望以上のものではなく他人を拘束できません。したがって同列に語るべきものではありません。


■これまでの阿檀さんとのやりとり
4年間通い続けたショットバーが閉店(泣) 発端となった仙人さんの転載記事。
1枚の写真の話をしよう 阿檀さん
「ショットバー転載」問題について トンコ
グレイを求めて、白い石を置く ? トンコ氏への私信 阿檀さん
「 自分で書く自分の宝 」?回顧(1) トンコ
「無断転載」について?回顧(2) トンコ
外様は、もう一度、グレイを求める 阿檀さん
比喩としての無断リンク 阿檀さん
阿檀さんに取り急ぎ返信 トンコ
取り急ぎ返信に、取り急ぎ返信w 阿檀さん

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/27435732.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。