Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OYAJIさんへの問いかけとお願い

他人の文章の扱い方についてOYAJIさんを批判するで述べたことをもう一度整理します。

「チーム・マイナス6MB?ブログダイエット」から今回の海風さんの件に至るまで、OYAJIさんが他人の記事に触発されたり他人の記事を取り込んで作成した記事が、トラブルに繋がることの底流には共通した問題があるのではないか。さらに転載機能をめぐるトラブルも同根なのではないか。それは他人の文章も自分の文章も、つまり記事そのものを大切に扱っていないということなのではないか。そのことをOYAJIさんに問いかけたいのです。個別の件をバラバラにとらえているのではなくて、一続きの問題として批判しているのです。

文章を書くのに時間と神経を使い、推敲を重ねて時には記事をボツにする、そんなふうにして一つ一つの記事を書いている人ほど記事への思い入れは強いものです。「著作物は人格の発露」といいますが、これはつまり著作者人格権(公表権・氏名表示権・同一性保持権)の本質を表していると思います。職業的な物書きでなくても、逆に職業的ではない、ゼニカネと関係ないからこそ、著作者人格権で守られる名誉声望(言葉としては大げさですが)が唯一のインセンティヴなのです。「私が、俺がいなければ、この文章はこの世に生まれなかったのだ!」という気持ち。文章の出来・不出来なんかこの際問題外です。これは書くことへの価値観です。

こうして書かれた文章をイージーに扱うことは、文章を大切にしたい価値観を踏みにじることです。海風さんの記事のコメント欄で、わたりとりさんが、OYAJIさんへの批判が相手の価値観を潰すことに踏み込んでしまうことを危惧していらっしゃいます。その危惧にわたしも同意します。OYAJIさんのブログ運営に指図する権利は誰にも無いのは当然です。個人の資質や性格を揶揄することも不快だしそういう行為には反対です。しかし、記事を軽んじる価値観(?)が、記事を大事にしたい価値観に被害を与え続けるのを放置してよい道理はありません。だから批判するのです。しかし、議論と対話を重ねてもお互いの価値観が相容れないのなら仕方がありません。そのかわり、文章を大事にする人には近寄らず、お互いにバクりパクラれ、記事をぞんざいに扱うことに頓着しない人たちの世界で独自にやってもらいたい。

OYAJIさんにお願いしたいことがあります。わたしの批判と問いかけにコメントではなく記事で応答していただきたいのです。できればゆっくり時間をかけて応えていただきたいと思います。1週間先でも1ヶ月先でも構いません。ご自分でじっくり考えるのも良し、信頼できる仲間に助言を求めるのも良し。そんな必要は無いと拒絶されても結構です。あくまでわたしの勝手なお願いです。

※前記事コメント欄に、ブログ・ペット設置に関するノウハウ記事についての参照リンクが張られていました。今回はじめて知ったことなのでまだ十分に検証できていません。経緯はよく分りませんが、意見や心情を綴った記事と違って、ノウハウ記事というのは一般的に誰が書いても似たようなものになる可能性はあります。したがって今の段階でわたしはパクリ説に同調できません。一言付け加えておきたいと思います。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/26970739.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。