Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深大寺散歩(2)?深大寺境内

山門
さて、深大寺の境内です。結構古くて大きなお寺なんですが、堂宇のほとんどは1865年(慶応元年)の大火で燃えてしまったそうです。今残っている建物の中ではもっとも古いのがこの山門。1695年(元禄8年)に建てられました。茅葺のいい感じの山門です。

本堂
これが本堂です。大正8年に再建されたものです。善男善女の参拝が絶えません。

元三大師堂
元三大師堂。火事の後1897年(慶応3年)に再建されました。比較的新しいとは言っても、100年以上経っているので古びた味わいがあります。

庫裏
旧庫裏。これも確か慶応年間の再建だと思います。土間ものぞきましたが、三和土が黒光りして歴史を感じさせました。

一通り境内を回って、お蕎麦を食べようと思ったのですが、どのお店も行列がすごくて萎えました。。仕方なくお焼きとお団子を買って、神代植物公園の気持ちの良い場所で食べることにしました。だけどお焼き買うのもこれまた行列。去年来たときはこんなじゃなかったのに、ゲゲゲブームが恨めしいなり。。。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/50341366.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。