Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載記事の画像すり替え手法について

転載機能の危険性を指摘する上で、今回のOYAJIさんの「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!」にどうしても触れておかなくてはならないことがあります。記事の内容については言及しません。あくまで機能の危険性を考えるという立場での指摘とご理解下さい。
※当該記事にリンクしていますが、コメントとトラックバックが集中して非常に重くなっていますのでご注意下さい。

この記事では、テキストの一部を画像化して外部サーバーにアップ、その画像を直リンク配置するという手法が使われています。読んでいるだけでは一続きの文章に読めますが、文章の一部は画像なのです。ヤフー・ブログの通常の画像添付記事では、転載元の画像を差し替えると転載先では画像が表示されなくなりますが、画像を外部サーバーに置いて同じファイル名で画像を差し替えると転載先の画像も変ります。念のために自分でも実験してみましたが、確かに転載元画像を変えると転載先画像も変りました。

これは大変危険なことだと感じました。記事を確認して転載したのに、いつの間にかボタンを押した時とは別物の記事になっていることもあるということです。特に「初心者」とされる方々にとっては転載機能の致命的な陥穽だと言わざるをえません。今回の記事では転載先も最新情報に更新できるというメリットを考慮されての手法だとは思います。しかし、悪意をもってこの手法を用いればとんでもないことができてしまうのです。

転載・再転載で記事が増殖したところで、画像をいかがわしい写真や攻撃したい人の写真にすり替える、画像化されたテキストの一部のみ巧妙に差し替えて、個人情報をばら撒く、宣伝の文言を入れる、口座番号を入れる。。。悪賢い人なら不法行為はいくらで考案できるでしょう。さらに、エログロや金銭授受に関する記載に対してはヤフーは特に厳しい態度でブログ強制削除します。転載のとばっちりで削除も有り得ないこととは言えません。もうすでになんらかの被害が出ているかも知れません。

転載記事の画像がすり替え可能であること、今回のことでこの手法が広く公開されてしまったことを、わたしは重大にとらえています。今まで、あちこちで指摘されてきた著作権侵害などの不法行為、チェーン化の弊害に加えて、画像すり替えによる不法行為も転載機能の危険性の一つです。このような危険な機能をこれ以上放置することのないよう、サービス提供者に強く要望していきたいと思います。CURURUがスクラップ機能撤廃を視野に入れた検討を始めたこと、Winny裁判で、価値中立的な技術の提供であっても利用状況などによっては責任が問われる可能性が示されたことなど、転載機能をめぐる議論の状況は新しい段階に入っていると考えます。



★OYAJIさん、特段の事情が無い限りわたしはOYAJIさんに言及しないと以前書きましたが、特段の事情だと思うので言及させていただきました。ただし、OYAJIさんの行為を糾弾する意図はありません。画像すり替え手法は特に難しいことでもなく、OYAJIさん以外の誰かがもう使っているかもしれないからです。今回のことで大々的に明らかになってしまったことも、むしろその危険性を周知した格好になったと考えています。
ここで指摘したことが、取るに足らない取り越し苦労だとお考えなら無視してください。もし、なるほど危険だとお感じになったなら、転載機能不使用をどうか真剣に検討していただきたいと思います。転載機能を封印して、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを使ってテキストの頒布を検討するのも一考かもしれません。これまで転載機能不使用を主張されてきた多くの方々と同じスタートラインに立って、ユーザーに転載機能の危険性を知らせること、またユーザーの声をサービス提供者に届けることに力を発揮していただけたら、OYAJIさんが日夜尽力されている「初心者」の方々に対する啓発活動にとっても大きなプラスになるのではないかと思うのです。
今までのOYAJIさんの発言との整合性が気がかりでしょうか。いい方向に舵を切ることを歓迎されることはあっても批判されることは無いはずです。万が一批判があるならば、それこそ批判のための批判であって、良心的な多くのブロガーは耳を傾けないとわたしは思います。繰り返しになりますが、まずは「転載機能不使用」、この一歩を踏み出すことをどうかご検討下さい。

■転載機能に頼らない転載については、Mugi2.0.1(麦さん)の以下の記事をぜひ参考にしてみてください。
著作権の束をばらして使う
Yahoo!の転載機能を使わない転載
Yahoo!ブログの転載機能とクリエイティブ・コモンズ

■わたしも唯一転載可としていた「直リンをやめようキャンペーン改訂版」を転載不可に設定しました。転載機能を使った転載を不可としただけで、CCライセンスの下でのテキスト・画像の転載は全記事で許諾しています。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/25247472.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。