Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民会議のサイトが充実!

前回の記事でお伝えした、「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」のウェブ・サイトがほぼ毎日更新されてどんどん充実しています。ぜひご覧になってください。

特に参考記事の転載・リンクがおすすめ。このブログの別記事でも触れた、中央公論2006年10月号掲載の福井健策さんの記事「「著作権保護延長」は文化を殺すのか―――クリエイターにとっての損と得」も転載されて読めるようになっています。リンク記事も広く網羅されており、保護期間延長問題にとどまらず、著作権そのものを考えるのにとても参考になります。

発起人も追加されています。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)専務理事の久保田裕さんが入っていますね。ACCSは著作(権)者団体の中でも比較的著作権法の解釈がまっとう(公平)な印象があります。著作利権ゴリ押し団体だけじゃなくてACCSのQ&Aのページも読んでみてください。保護期間延長を求める「著作権問題を考える創作者団体協議会」16団体にも入っていません。

あと、発起人に漫画家の松本零士氏が入りましたね。保護期間延長を主張する松本氏が、いくら延長反対一辺倒ではなく議論を目的にしている団体とはいえ、「国民会議」発起人というのはちょっと?ですが。「孫子の世界まで自分の著作物を守りたい」「本音は死後120年ぐらいにいっぺんに延ばしてくれればいいが」(「権利強化を求める権利者サイドの声?パネルディスカッション」internet.watch)とまではっきり言ってますからね。そういえば松本氏はACCSの理事もやっているんだっけ。

参考記事にわたしの前回の記事も入っていたのでびっくり。無断リンク賛成!きゃははは!

12月11日の公開シンポジウムの詳細も発表されました。わたしも参加申し込みしました。

で、文化を絞殺するタチの悪い著作権ゴロとその手先と闘う小さな気概を込めて、ネコ耳ピコピコ♪anime1


■このブログでの著作権保護期間延長に関する記事
著作権保護「死後70年」の要望について
著作権保護期間延長にあらためて反対する
著作権保護期間の延長問題を考える国民会議

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/23850900.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。