Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鉄道の日記念きっぷ」で秋の北陸の旅(7)高山?吉祥寺

さて、この連載も今回で最後です。

高山に泊まるのは2回目ですが、今回は以前と印象が違いました。なにしろ外国人が多い。そして外国人旅行者を意識したようなお店が多い。ほんと国際的観光地って感じです。おかげで町中をウロウロ歩いけど、一人で気軽にご飯を食べられるようなお店や、チェーン店やファーストフードもほとんどなくて、仕方なく夕食はコンビニの買い食いで我慢しました。トホホ。。わびしい。。。

キハ48-5806高山早朝
最終日は高山5時40分発の列車に乗り、まずは高山本線を北上して飛騨細江駅に向かいます。まだ真っ暗です。乗った車両はキハ48-5806。

飛騨細江?杉崎
飛騨細江駅から杉崎駅までは徒歩。列車を待っているより歩いた方が早いのです。まだ6時ちょっとです。気持ちのよい朝の散歩。朝もやの中の鉄道の風景というのはいいものです。

杉崎駅
杉崎駅にて。小さな駅でしたが列車が来る頃には高校生が20人くらいホームにいました。そう言えばこの日は平日だ?。一人でおとなしい子、わいわい騒々しい連中、本を読む女子、寝てる男子。。いいね?高校生!

キハ48-3814高山
再び高山駅にて。早朝と昼間では全く表情が違います。お土産にエゴマをまぶした五平餅を買ってキハ48-3814に乗り込み、高山本線で鵜沼駅に向かいます。

鵜沼駅でまたハプニング。電話がかかってきて20分くらい話し込んでしまい、名鉄線に乗り換えるのが大幅に遅れてしまいました。ん?。。計画を変更すべきかどうか。。迷い所ですが、とりあえず行けるところまで行くことにします。

布袋&渥美橋
結局、目的だった2つの駅は撮影することができました。ちょこっとだけご紹介。左は名鉄犬山線の布袋駅。大正時代の個性的な駅舎ですが取り壊しの噂があります。右は豊橋鉄道渥美線線の柳生橋駅。くすんだモルタルが渋いです。

遅くなったし疲れたし、豊橋からは新幹線に乗りました。ものすごく中身の濃い鉄道旅行でした。な?んて言ってるうちに12月、いよいよ冬の18きっぷのシーズンです。今度はどこ行こうかな??♪

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/49484180.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。