Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権保護期間と子供・孫

前回の記事「『国民会議』の第1回公開シンポジウムに行ってきた」には書きませんでしたが、著作権保護期間の延長問題を考える国民会議のシンポジウムに参加して、今まで気づかなかった視点を得たような気がします。「反対派のパネリストは4人とも子供がいない。賛成派の2人は子供、孫がいる。自分の死後の著作権保護期間をどう考えるかということに、自分の子孫をリアルにイメージできるかどうかが影響する」延長賛成の立場での会場からの発言の一つです。そのときはちょっと的外れな印象があったのですが、だんだん一面の真理を確かに衝いているように思えてきたのです。

外圧だとかディズニーだとか企業だとか著作権者団体とか、そういう要素をとりあえず脇に置きます。今回のパネラーに限定しての話ですが、賛成派の方はやはり著作物(創作作品)を私的な財産ととらえている。子供も作品も自分がこの世に生み出したもので、子供や孫が作品から経済的恩恵を受け続けるのは当然であって、その期間は長ければ長いほどいい。本音としては著作権は永遠に子孫に受け継がれるべきだと考えていてもおかしくないのです。

反対派は作品を公共財ととらえている。個人の内なるものを人々に向けて解き放ったものと考えている。著作物からの収益というのは、作品を生み出す創作者とその家族の生活を支えるため、創作者存命中と死後一定期間に限り認められたものに過ぎない。著作権システムは社会に役立つように設計すべきものととらえている。

著作者と利用者の間で賛成・反対が分かれているのではなくて、著作者の中でも意見が分かれているのは、こういう創作とか作品とかに対する「実感」の違いがあるのではないかと思いました。創作された作品をあくまでも「私」(わたくし)のものとしてとらえているのか、創作者もその一員である社会の共有物としてとらえているのか。その「実感」の分かれ目の一つに子供のいるいないがある、というのは案外的を得たものの見方かもしれません。わたしは子供がいないので延長反対なのかな?

パネリストの一人山形浩生氏も述べていましたが、インターネット技術とデジタル技術によって表現・発信の敷居が低くなり、今は誰もが利用者である一方で表現者=創作者=著作者となりうる時代です。わたしたちがブログに掲載したささやかな一文でもイラストでも著作物。おそらく商用利用や著作権料のことなどを考慮するような事態となることはまず無いでしょうが、もしそうなったとして、自分の作品をどういう風に扱いますか?扱って欲しいですか?あなたには子供や孫がいますか?

国民会議のサイトで当日のパネルディスカッションのストリーミング動画がアップされています。

参考記事
著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱 ITmedia News

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/25140832.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。