Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ近況090409

いただいたコメントにまだレスできてなくて申し訳ありません。。。

しばらく前に職場を辞めた友人に偶然会った。派遣切りにあって失業中だった。派遣元は雇用保険に入れてくれてたし、身分が不安定なのは承知の上だったから誰も恨んでいないと言っていたが、前は明るい子だったのにやはり表情は暗かった。

ネカフェやドヤと路上を行ったり来たりしているような人たちと接してみると、心身の健康を害している人が多い。その上ほとんど無保険だ。健康保険料が納められるくらいなら食費や寝場所を確保できてるだろうから、当たり前といえば当たり前だが。憲法25条が保障している「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」なんて、路上生活者には全くの空証文だ。路上まで行かなくても、親が貧しいため無保険の中学生以下の子供が33,000人もいるのだから、国民皆保険というのは実際にはすでに崩壊しているということだろう。

ボランティアに集まってきたりカンパをくれたりするのは、不安定雇用の人や学生ばかりという現実にガックリする。金持ってる人のほうがかえってケチだというけど、ほんとだな?と思った。同じ1000円でも、年収250万の人と500万の人では重さが違うだろうに。金持ちはあてにしないで貧乏人同士助け合うしかないか。

カンパばかりに頼るのも何なので、少しずつ物販を始めようかと考えている。パレスチナ産のオリーブオイルとかいいかも。イスラエル軍がパレスチナ自治区のオリーブを切り倒したりしているらしいけど、元々オリーブがよく採れる土地なのだ。フェアトレードのチョコやコーヒー、沖縄の砂糖や塩なんかもつてを頼って仕入れられたらいいな。国内の貧困に対抗する活動が、わずかでも国際的な連帯につながったらうれしい。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/47397969.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。