Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おからクッキー(試作)

ちゃあじ子さんの「食事療法」シリーズを読みながら、小麦粉と乳製品を使わないお菓子を自作できないか色々考えていました。友達の子どもがアレルギーなので、何か作ってあげられたらいいなというのもあって。何のアレルギーだったか忘れてるんですが。。。

■条件は、
(1)小麦粉を使わない。とすると、使える粉類は。。
▼米由来
米粉、上新粉、白玉粉、など。欠点はコストが高いこと。米粉の中でもリ・ファリーヌ・グランクリュは国産米のみの使用で粒子も細かく、小麦粉の代用品として魅力的だけど、1キロ1000円以上する。普段使ってる国産小麦粉でもキロあたり300円程度だし、食べてるお米も有機栽培でキロ当たり7?800円くらいだから、米粉は本当に高い。もうちょっと安くなれば、絶対に使う人も増えて、米余りなんていうことの解消に一役買うのに。
▼そば粉
そば粉も美味しいけど高い。中国産でキロ800円、国産で1300円くらい。
▼片栗粉
今はカタクリの根なんて高くて使えず、実際はジャガイモでんぷん。キロ換算300?400円とお安い。
▼とうもろこし由来
コーンスターチ、コーンフラワー、コーンミールなど。これもキロ当たり400円前後でお安い。非遺伝子組み換え品が少ないのが難点。
▼大豆製品
おから、きな粉。国産・非遺伝子組み換えのものが比較的簡単に手に入る。おからは安いし、食物繊維も多くザクザクとした食感が得られて、お菓子をアレンジするときの定番素材です。

(2)乳製品を使わない
牛乳、バター、チーズ、ヨーグルトを一切使わないのは意外に大変。植物性クリーム、マーガリン、サラダオイルはトランス脂肪酸が嫌なので使いたくない。牛乳の代用としては豆乳、油脂分としてはオリーブオイル、菜種油使用するか。

(3)ベーキングパウダーは使わない
(4)オーブンを使わない
これはちゃあじ子さんの条件とは関係ないけど、ベーキングパウダーはアルミが入っていて害が怖いし、オーブンを使わないでお菓子が作れたら手軽。

で、作ってみました。小麦粉と乳製品が一切入っていない、おからとアーモンドの微糖クッキー。
おからクッキー1
■材料 レンジの天板2枚分
【生おから】120g
【コーンスターチ】60g 非遺伝子組み換えのものを使いました
【EVオリーブオイル】30g
【きび砂糖】30g 普通の砂糖でも可
【塩】ひとつまみ 約1g
【卵】30g Mサイズ約1/2個
【スライスアーモンド】50g

■作り方
(1)ボールにEVオリーブオイルと砂糖と塩を入れ、泡立て器でよくすり混ぜる。
(2)溶き卵を加えて、少しふんわりするまで泡立て器でよく混ぜる。
(3)コーンスターチとおからを加え、ヘラなどで均一になるまで混ぜ合わせる。
(4)スライスアーモンドを加え混ぜ合わせる。
(5)ラップを敷いたまな板に生地をあけ、ラップで包んで3?4cm角の棒状に伸ばす。円筒状でもOK。
(6)切りやすくするために冷凍庫で1.5?2時間寝かせる。
(7)試しに切ってみて形が崩れたら更に凍らせる。崩れなければ3?5mmの厚さで切り分ける。
(8)電子レンジの天板に並べ、3?6分加熱する。
(9)乾いて薄く色づけばOK。砂糖が入っているので加熱しすぎるとレンジでも焦げやすいです。
(10)冷めてから試食してみて、カリっ&ザクっとしていればOK。まだしんなりしていたり、焼色が薄い場合は、オーブントースターで様子を見ながら少しだけ焼いてみるといいです。

※とにかく加熱の最後のほうであっと言う間に焦げるので、それだけは注意。(最初焦がしました。。。)
※小麦粉もバターもベーキングパウダーも使っていませんが、それなりにクッキーです。
※甘さはかなり控えめです。甘いのが好きな場合は砂糖を増やしてください。
※純ココアを混ぜるとアーモンドと良く合うので更に美味しいかも。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/46844495.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。