Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパーニュ失敗。。。

タマサブローの看護(観察?)やら、持ち帰り仕事がまだ片付かなかったりして、気持ちが落ち着かずブログもサボり気味な週末でした。タマサブローはずいぶん回復しました。吐かなくなったし、一日二食たっぷり食べるようになりました。目やにが出て顔が臭くなってましたが、それも良くなってます。

パヌトン1
さて、先日パヌトンという籐製のパン用発酵かごを購入しました。パン・ド・カンパーニュというフランスの田舎風パンの最終発酵に使うと、いかにもそれっぽくなるのです。前から欲しかったのですが、通販サイトなど見ると5?6千円なんて結構な値段で中々手が出せませんでした。ところが!仕事の用事で合羽橋に行ったときあちこちお店を見てると、なんと2千円ちょっとのパヌトンが置いてあるではありませんか!さすが調理器具や厨房設備の専門店街です。即買いました。

カンパーニュ失敗
早速、レーズン酵母の中種で初めてのカンパーニュを焼いてみましたが、見事に失敗。。。底割れ・横割れがひどくて、エイリアンのようにパンの中からなんか生まれてます。その上、ミトンがすべって床の上にパンを落としてしまい、パリパリの皮が砕け散ってしまいました。切ってみると、底の方が目が詰まっています。発酵不足が原因ではないかと思います。その割りにちょっと酸味が出てる。冬場の温度管理・発酵見極めは難しいな?。。。

パン作りは、何度も色んな失敗をしています。小さなオーブンレンジの限界もあるのでしょうが、やはり技術的に未熟なのです。でも、パン作りは、酵母起こしも、種作りも、水加減も、捏ねも、発酵時間・温度も、成形も焼成も、全ての工程で自分にあった方法を確立していく試行錯誤がおもしろいです。奥が深い。たかがパン、されどパンです。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/46329448.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。