Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガザ/プリーモ・レーヴィ

徐京植氏のテレビ番組経由でプリーモ・レーヴィを知ってから、事あるごとに1987年のプリーモ・レーヴィの自死について考えるようになった。事あるごとに、というのは、イスラエル国家によるパレスチナ人に対する恒常的な抑圧、組織的な虐殺に関する報道を目にする度にということだ。

プリーモ・レーヴィはイタリア生まれのユダヤ人で、アウシュビッツ収容所から奇跡的に生還し、ナチス・ドイツのユダヤ人虐殺の貴重な証人の一人となった。「これが人間か」(邦訳書「アウシュヴィッツは終わらない——あるイタリア人生存者の考察」)にはこう書かれている。

暖かな家で
何ごともなく生きているきみたちよ
家に帰れば
熱い食事と友人の顔が見られるきみたちよ。

これが人間か、考えてほしい
泥にまみれて働き
平和を知らず
パンのかけらを争い
他人がうなずくだけで死に追いやられるものが。
これが女か、考えてほしい
髪は刈られ、名はなく
すべてを忘れ
目は虚ろ、体の芯は
冬の蛙のように冷えきっているものが。

考えてほしい、こうした事実があったことを。
これは命令だ。
心に刻んでほしい
家にいても、外に出ていても
目覚めていても、寝ていても。
そして子供たちに話してやってほしい。

さもなくば、家は壊れ
病が体を麻痺させ
子供たちは顔をそむけるだろう。

プリーモ・レーヴィはイスラエルによるパレスチナ占領に反対した。アウシュビッツの生き地獄を経験しながら、それでも人間を信じようとしたプリーモ・レーヴィが、ユダヤ人国家によるパレスチナ人への死と恐怖の強制をどう見たか、その絶望を思うと言葉も無い。自死のいきさつは謎だし、一人の人間が自ら死を選ぶのは単純な理由ではないと思う。しかし、イスラエル国家の振る舞いを見る度に、どうしてもプリーモ・レーヴィの絶望に思いを巡らせてしまう。「苦しみ・悲しみを知った人こそ人に優しくなれる」などと歌謡曲でよく歌われるが、わたしにはそんな絵空事は信じられない。

ガザでイスラエル軍地上部隊による作戦が始まった。12月27日の空爆開始以来パレスチナ人の死者は500人を超えたという。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/46029087.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。