Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエイティブ・コモンズと同一性保持権

このブログのテキスト・画像をクリエイティブ・コモンズのライセンス下におくことを検討していました。
まぁ、わたしの文章や画像を使いたいという人はまずいないでしょうけど、気は心っていうから。
しかし、「帰属」「非営利」「派生禁止」「同一条件許諾」の4つのライセンス・オプションのうち、
どうも「派生禁止」がひっかかる。。。

「派生禁止」オプションを入れると無許諾でのテキストの改変・翻訳や画像の加工ができなくなり、、
二次著作物が自由に作れなくなる。これではクリエイティブ・コモンズのライセンス表示の意味が
大きく損なわれてしまうことになります。じゃあ、派生禁止オプションを選択しないとどうなるか。
著作者の意に反した改変=同一性保持権の侵害の扱いが難しくなると思う。
論説的テキストの改変に関しては、このブログでの2回の同一性保持権侵害の経験から、
どうも慎重に考えてしまいます。
※ついでに書いておくと、2回の侵害「事件」のうち後のほうがわたし自身は被害感情が強いです。
改変の規模は最初の方が大きいのですが、これは先方のミス的要素が強い。
後の方は重要なフレーズの切除・恣意的な太字強調・文章の順序の入れ替えで元の文意を損なう引用を行い、
元記事の批判を行っているのがどうしても許しがたい。元記事を見ない人にはもっともな主張に見えてしまう。

異なる表現形態への翻案一般は問題無し。
画像の改変は元画像とは別の二次著作物ということがすぐ分るから割切れます。
ただ、肢体の切断とか残酷なのはやっぱりやだな?。あんまりエロ過ぎるのもちょっとな?とは思いますが。
このブログには載せられないけど音楽の改変も当然OK。
特にポピュラー音楽を演奏したり歌ったりする人は分ると思いますが、同じ人でもライブなんか毎回違うし、
違う人が演奏すれば同じ曲でも違う音楽になるのは当たり前。わたしは作曲はするけど楽譜の読み書きは
できないから実を言うとそもそも音楽の著作物という概念がピンと来ない。
高橋竹山のバチの持ち方や角度、BB.キングのチョーキングもビブラートも元々著作権法では保護されないしね。
音楽というものは実演家がいなければ著作物が利用者つまり聴衆に届かないので、
表現の一番大事なところは元々著作権とは関係ない。脱線しちゃいました。。。

ただテキスト、特に論説的なテキストはやっぱり同一性を保持したい。
と思ったら、やっぱり日本法準拠版クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを準備する過程で、
アメリカ本国では極めて範囲の狭い規定しかない(*1)著作者人格権・実演家人格権、
特に同一性保持権について問題となったようですね。
うーん、自分としては同一性保持権について自分なりの整理がつくまで、クリエイティブ・コモンズの
ライセンスについては棚上げにしておこうかな、やっぱり。
何か別の形でこのブログの著作権の扱いに関する意思表示を考えることにします。

参考
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
「クリエイティブ・コモンズ」について

★がーん!そもそもヤフー・ブログってクリエイティブ・コモンズのライセンスのタグが貼れないじゃん!
トホホ。。。

06/09/23追記
(*1)「アメリカ本国に規定の無い」という記述は誤りですので、「アメリカ本国では極めて範囲の狭い規定しかない」と修正します。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/19987675.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。