Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理

現下のきむろみさんとの軋轢には二つの段階・側面があります。

(1)3月に非公開のやりとりをわたしの側から切り上げたこと(没交渉宣言を含む)へのきむろみさんの反発。
(2)5月になって、3月のやりとりの一部である、きむろみさん宅ゲストブックへのわたしの内緒(鍵付)投稿をわたしが削除したことへのきむろみさんの反発と、3月の反発の再燃・再表面化。

(1)について。これを解きほぐすのはわたしには難しく危険なことです。一個の人間の内面に手を突っ込むことになりかねない。対話を切り上げた時点ですでに難しく危険なことだったわけですから、わたしは蒸し返しての話し合いを避けたい。

(2)について。「私信の公開」は、個人の権利や自由のありかという揺るがせにできない問題が含まれています。次の記事で筋道だった説明をしたいと思います。

(1)についても(2)についても、きむろみさんがわたしをなじり、糾弾するなら、黙ってお受けします。


■追記(訂正) 2008/05/26
非公開のやりとりは、3月でなくて2月でした。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/42168881.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。