Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権保護「死後70年」の要望について

 日本文芸家協会など著作権を管理する17団体は15日、著作権の保護期間を著作者の死後50年から70年間への延長を求めることで合意し、22日に文化庁に対し著作権法改正を要望することを決めた。「70年」は世界的な流れで、日本も映画だけは公表後70年としているが、文学や音楽ではネット上の自由利用の観点などから延長に難色を示す意見もあり、「70年」実現までには曲折が予想される。
「著作権:「死後70年」に延長 文芸家協会など要望へ」 MSN毎日インタラクティブ(06/9/15)

著作権保護期間を著作者の死後70年に延長しようとする動きが本格化してきた。映画については著作(権)者の運動のかいあって、すでに2003(平成15))年の著作権法改正で、2004(平成16) 年1月1日から70年に延長されているが、これを全ての著作権に拡大しようとするものだ。著作(権)者17団体が「著作権問題を考える創作者団体協議会」という名称でまとまり、要望提出、その後の運動を展開していくようだ。

「協議会」議長は日本文芸家協会副理事長で作家の三田誠広氏。文科省の文化審議会著作権分科会委員も務める。上記記事では三田氏は「70年という世界標準に合わせることが日本の芸術の発展につながる」
などと述べたそうだ。三田氏といえば約一年前にこんなことも言っている。

 同様の要望書を採択している日本文芸家協会知的所有権委員長の作家・三田誠広さんは、欧米で70年保護が主流である点を挙げ、「例えばサンテグジュペリ(1944年没)は欧米では権利が続いているが、日本では勝手に翻訳が出せる。野蛮な国と見られているだろう」と語る。
 また、作品の質や作家の親族への配慮の必要性も指摘する。「権利が切れると誤植の多い安易なものが公開される心配がある。私生活を暴露した作品で遺族が迷惑する例もあり、その防止のためにも作者の孫の生存期間程度は権利を継続すべきです」
「保護期間延長で、埋もれる作品激増? 著作権は何を守るのか 」 asahi.com be Report(05/7/16)

そんな三田氏がサンテグジュペリ「星の王子さま」の翻訳を進めているようだ。
「夏休みの孫たち06年」創作ノート1 2006年07月これは一体どういうわけだろう。

本来公表された著作物は社会の共有物だ。著作権(財産権)とは一定期間に限り著作(権)者に独占的・排他的利用権を付与することで、著作(権)者の生活を守り創作へのインセンティヴ(動機)を確保するという、ただそれだけの意味で保障された権利だ。それが文化の発展に寄与するはずだという前提の下に。各国著作権法が準拠する国際法たるベルヌ条約でも保護期間は50年である。欧米でも延長に批判は強いし、特にアメリカでの直近の延長が「ミッキーマウス保護法」と批判されて、連邦最高裁での違憲裁判にまでもつれこむ展開となったのは記憶に新しい。

著作権(財産権)保護期間は有期でも、著作者人格権の保護は無期限だ。名誉毀損は著作権法によらずとも民法で対応できる。三田氏の主張は、先行著作(権)者の経済的権利をとことんまで守るという真意を隠す詭弁に見える。そして先行著作(権)者の経済的権利をとことんまで守ることは、著作物の利用者と現在と将来の著作者(創作者)に不当な足かせをはめることであり、文化の発展を阻害することだ。著作権保護期間延長に反対する世論がぜひとも必要だと思う。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/19644172.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。