Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わに塚の桜

わに塚1

先週は家族と一緒に山梨県の韮崎市に桜を見に行って来ました。わに塚の桜といって、樹齢300年、高さ17mという立派なエドヒガンザクラです。周囲の山々を背景にたった一本で立つ凛とした姿が見事です。カメラを持っていくのを忘れて、ケータイで撮った粗い写真しかお見せできないのが情けないのですが。。。

わに塚2
背景の山は、右側のピークが茅ヶ岳、左側が金ヶ岳。八ヶ岳にちょっと似ているので「ニセ八つ」などと呼ばれるそうです。

わに塚3
こちらは本当の八ヶ岳。標高が高いのでまだ雪が残ってます。人間の大きさと比べるとこの桜の巨大さが分ると思います。

このあたりは甲斐源氏=武田氏が興った土地で、武田氏ゆかりの神社仏閣が多いところです。桜見物のついでに2ヶ所立ち寄って来ました。

願成寺
甲斐武田氏初代の武田信義が再興し菩提寺とした願成寺。信義は、武家の棟梁として有名な源義家(八幡太郎義家)の弟である源義光(新羅三郎義光)の曾孫にあたります。境内からの眺めが抜群で、桜の木も多く特にしだれ桜がきれいでした。

武田神社からの眺め

武田神社
武田八幡神社。武田信義以来、武田氏の氏神として崇敬を受けてきました。社殿は1543年に武田晴信(信玄)が再建したもので、重要文化財に指定されています。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/41274413.html

スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。