Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超遠回り。。余部鉄橋訪問記(7)敦賀?東舞鶴

書き忘れていたが敦賀の手前で長いトンネルを通った。北陸トンネル、総延長13,870m、1962年6月10日開通。普通列車の通るトンネルとしては日本最長だそうだ。頭上は古来から交通の難所だった木の芽峠。ウィキペディアによると、古代にはヤマト王権の勢力圏と越(こし)の国の境界線で、今でも北陸と近畿の文化圏の分かれ目となっているそうだ。木の芽峠といえば、織田信長が越前朝倉氏・近江浅井氏に挟み撃ちされそうになった合戦を思い出す。「金ヶ崎の退き口」ってやつだ。

長い長いトンネルの中で、高田渡の「トンネルの唄」を口ずさんでみた。

  こんな長いトンネルってあるだろうか もう前にも後ろにも行かないよ
  最後の汽車から降ろされて もうあの娘にも会えないな

  オイラもそうだよ、ホントはさ だれでも家に帰りたがっている
  都会は花盛りですって便りを出した ああ、そんなのウソだけどな

  朝はあしたの後ろ姿 夜は夜で思い出を繕う
  ねえ、トンネルってため息なのかい ねえ、トンネルってため息なんだろ

敦賀駅前1

敦賀駅前2

北陸線に入ってからは桜は咲いていないし、冷たい雨は降ってるし、金沢から西は初めて訪れる場所だし、一人ぼっちだし(当たり前だけど)、なんだかとても心細くさびしくなってしまった。敦賀では乗り換え時間が1時間ほどあるので、温かく美味しいものを食べてコーヒーでも飲もうかと街に出た。敦賀の駅前は縦横にアーケードが整備されて雨が降っていても傘なしで歩けた。ところが。。まだ8時前なのに街にほとんど人がいない。通りは軒並みシャッターが閉まっている。15分くらいウロウロしたけど、入れるようなお店も無い。仕方なく駅に戻ってきて駅ソバを食べましたとさ。わびしい。。。

午前0時を過ぎても満員電車が行きかう東京に住んでいると、どこでも24時間街が動いているとものつい勘違いしてしまう。ブログで全国に知り合いができたけど、みんなそれぞれの地域で、異なる時間感覚で生活しているんだろうな?とあらためて考えた。

敦賀ポスター
敦賀駅に貼ってあったポスター。今年は小浜がNHKの朝の連ドラ「ちりとてちん」の舞台になって、福井県は盛り上がったようだ。「第20回 五木ひろしマラソン」は知らなかった。。

敦賀駅125系

さて敦賀からは小浜線で東舞鶴に向かう。今日最後の乗車だ。125系というJR西日本の新造電車でステンレス車体、2量編成のワンマン運転だった。小浜線は2003年に電化されたばかり。この辺一帯は原発が立ち並ぶ地域で、関西電力が地域振興策として小浜線電化の費用を一部負担したようだ。さらに、地元自治体が新型車両導入費も含めて費用を負担したとのことだ。(参考:ウィキペディア「小浜線」) え、JRは全くお金出してないの?もしかして?そんなことないよね、いくらなんでも。

1時間47分の乗車で東舞鶴駅に到着。宿に入ったのが22時ちょっと過ぎ。4時30分に家を出てから17時間30分、長い一日だったな?。すぐにお風呂に入ってくつろいじゃう。お風呂あがりにおビールをお召し上がりになりましてご就寝でございます。ぐーぐー。

おっと目覚まし忘れてた。6時半にセット。よしよし。今朝よりずっと遅くて楽だな。ぐーぐー。。。

Yahoo!フォト
余部鉄橋訪問記1(車両)
余部鉄橋訪問記2(鉄橋)

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/41229381.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。