Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超遠回り。。余部鉄橋訪問記(4)信濃大町?南小谷

さて、信濃大町に南小谷行きの電車が待っているわけだが、旧国鉄のちょっとガタの来てる車両だろうと想像していたら、なんとE127系というステンレス製の新しい車両だった。。古いのが好きだって言ってるじゃん!って怒ってみても仕方がないけど、全くガッカリだ。こんな田舎(失礼)に銀色のステンレス電車がいるなんて。大体ギラギラした車体は田舎の景色に合わないでしょう。普通鋼板にやぼったく分厚く塗装されてこそ鉄道車両だという感覚も、もう時代遅れなのかな?などと思いつつ、それでも南小谷駅についてから写真撮影しておいた。

南小谷E127系1
信濃大町方向から。

南小谷E127系2
糸魚川方向から。ついでに車両番号も。E127系100番台の2両編成のワンマン運転。

信濃大町を出ると列車は山間を縫うように走る。遠くの山々は見えなくなっていくが、仁科三湖と呼ばれるちょっと神秘的な湖も車窓から見えてこれまた楽しい。3月終わりと言ってもさすがにこのあたりにはまだ驚くほど雪が残っている。信濃大町と南小谷の途中にはヤナバスキー場前駅というのがあって、スノボーを抱えた乗客が何組か降りて行った。やがて信濃大町駅から1時間弱で南小谷駅に到着。JR東日本の管轄はここまでで、ここから先はJR西日本の路線となる。

同じ列車に乗っていた年配の男性が、このまま乗り換えないで糸魚川に行きたいと運転士に食って掛かっていた。同じ日本の鉄道なのに不便じゃないかと。確かに国鉄が分割・解体され、新幹線や特急ばかり優先されてかえって旅行が不便になったり、不採算の路線が廃線になったり第三セクター化されたりして、地方の交通が切り捨てられているという話を聞くと、それはいかがなものかと思う。公共交通が利益至上主義でいいのか?う?ん。。国鉄は日本全国一体のままで良かったんじゃないかと思う。でも、どっちにしてもここから先は非電化区間なので気動車に乗り換えないと行けないし、そんなこと運転士さんに文句言っても仕方ないよな?。

南小谷駅
南小谷駅の連絡橋から糸魚川方向を眺める。

Yahoo!フォト
余部鉄橋訪問記1(車両)
余部鉄橋訪問記2(鉄橋)

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/41075050.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。