Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーリー・ダイヴァー・ライヴ

HOLY DIVER LIVEHOLY DIVER LIVE
(2008/03/05)
ディオ

商品詳細を見る

不世出のハードロック・ボーカリスト、ヘビメタ界のサブちゃんことロニー・ジェイムス・ディオ。大げさに歌い上げるヘビメタ系ボーカルはあまり好きではないのですが、この人は別格です。DVDは2005年10月ロンドンでのライブを収録したもので、ロニーはこのときすでに63歳。還暦越えてもハードロック/ヘヴィ・メタルを歌い続けてる。。感涙に咽びます。さすがに声がややしわがれて、往年の圧倒的な声の伸びはありませんが、とても60過ぎたおじいさんが歌っているとは思えない迫力です。

オープニングはなんとレインボーの「タロット・ウーマン」!あ?超かっこいい!!次にブラック・サバスの「サイン・オブ・ザ・サザン・クロス」。これもいい曲だー!4曲目からは、ディオの1作目にして名盤の誉れ高い「ホーリー・ダイヴァー」の全曲をアルバム収録順に演奏します。これが今回の目玉ですね。そして終盤はレインボーの「バビロンの城門」、サバスの「ヘヴン&ヘル」、再びレインボーの「銀嶺の覇者」、「ロング・リヴ・ロックンロール」、エンディングはアルバム「ラスト・イン・ライン」から「ウイ・ロック」。レインボー、サバス、ディオというロニーのキャリアの中から名曲中の名曲が選び抜かれています。途中「虹をつかもう」もチラッと出てきますが、フル・コーラスやってほしかったな?。とにかく2時間があっという間に過ぎてしまいます。

ギターはダグ・アルドリッジ。ホワイトスネイクでも弾いていますが、上手いねこの人。見た目もステキ!メインはレス・ポールですが、レインボーの曲のときはリアをハムバッキングに換装したストラトです。ソロを弾くときも指板に対して指が立たないちょっと変った弾き方をします。ネックをあまり握らないので、チョーキングなんか指の力だけで押し上げているように見えます。ベースはルディ・サーゾ、こちらも元ホワイトスネイクのイケメン野郎ですな。アクションなんかも何気にカッコつけてるけど、これがまたビシッと決まってステキ!

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/40882079.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。