Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンダ・リンダ・リンダ

リンダリンダリンダリンダリンダリンダ
(2006/02/22)
ペ・ドゥナ、前田亜季 他

商品詳細を見る

高校生がバンドを組んで、ブルーハーツの「リンダ・リンダ」を練習して、文化祭のステージで演奏し、また日常に戻る。。ストーリーはそれだけ。4人のバンド・メンバーも、ボーカルの子が韓国からの留学生というところがちょっと珍しいだけで、まあ極々普通のチンタラした女子高生。これでドラマになるのかって感じだけど、それがドラマになるんだよ。

「スウィング・ガールズ」と比較されたレビューも複数見たけど、あれと「リンダ・リンダ・リンダ」は素材は似てるけど全く違う映画だ。「スウィング・ガールズ」は、ど素人の高校生がひょんなことからビッグバンド・ジャズをやるはめになって、悪戦苦闘しながらも合奏の楽しさ、音楽の面白さを知っていくという青春映画。主役はいるけどバンド・メンバーが多いこともあって、登場人物はストーリーのために配置されている感じがする。一言で言ってメリハリのあるストーリーを楽しむ映画だったと思う。面白かったですよもちろん。

一方「リンダ・リンダ・リンダ」は、一つ一つのエピソードは小粒だし、セリフも普通の日常会話みたい、ストーリーはダラダラしていて起伏があまりない。その代わり人物の表情や、しぐさがとてもリアルに感じる。映像のなにげないワンカット、ワンカットが、どれも平凡だけどかけがえの無い「時」というものに思い至らせてくれる。どんどん過ぎていって取り戻せない「時」。クライマックスの文化祭で、大雨が降ったせいで大勢の生徒達が体育館に集まり、バンドの演奏でイキナリ盛り上がって、飛んだり跳ねたり叫んだりするんだけど、もしあれが不自然とか予定調和だと感じたら、自分が高校生の頃を思い出してみたらいい。文化祭という非日常の時間、その最後の日が大雨だったら、ますます非日常的だ。一つの事件だ。3年ならもうすぐ卒業だし雨で体が濡れてる。明日は見えない。「どぶね?ずみみたいにぃ、うつくしくなりぃ?たいっ」って一緒に大声で歌いたくなるでしょ。「愛じゃなくても恋じゃなくても君を離しはしないーっ 」ってやられたら、無意味に飛び跳ねて隣の友達にぶつかってみたりしたくなるでしょ。

この映画を見たきっかけは、敬愛するミーイズムの優子ちゃんがドロップアウトしちゃってるダブりの高校生役で出てるからなんだけど、これがまたピッタリな役だった。ぷっ。文化祭でアコギ弾いて歌うシーンはさすがでした。ミーイズムのサイトに「映画」というコーナーがあって、「リンダ・リンダ・リンダ」に出たときのことが書いてあります。「優子のほえほえ映画奮戦記」、超ウケる♪

ジローさんの記事にトラックバック!!

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/40462534.html


スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。