Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てハンドルでの批判・説教について

彼は助かっただろうか 子は宝もの

さくらこさんの上記記事に対する「後出しジャンケン」、「空」を名乗るコメント者の粘着ぶりがそろそろ危険水域に入ってきたように感じる。「後出しジャンケン」はその直前のコメントでわたしが使った語句であり、「空」はわたしのブログ記事に登場していたのと同じ捨てハンドルネームだ。他所のブログでの出来事ではあるけれど、自分に関わりがあるように思えて気になって仕方が無いので記事にしておく。

わたしのブログでは、「通りすがり」などの捨てハンでの繰り返しの書き込みを原則禁止しているが、これはいわゆる黒木ルールとして広く知られる、掲示板での議論に関するルールを準用したものだ。ご存知ない方は「匿名」による批判の禁止をぜひご覧いただきたい。また、「匿名」による批判の禁止ルールについてにはルールを設けた理由などについても詳しく解説されているので、あわせて一読をお願いしたい。ここでは黒木さんご自身によるルールの要約を抜粋して掲載しておく。

・「匿名」であるか否かの判定は実名や電子メール・アドレスを公開しているか否かで行なわれるのではなく、その人が自分自身の考え方や趣味・嗜好に関してどれだけの情報を公開しているか否かで行なわれる。 (この意味での「匿名」は通常の意味の匿名とは全然違う意味であることに注意! 以下に書かれていることを誤解しないためには、そのことを決して忘れないことが必要です。なお、このような「匿名」の定義はネット上で実用的に使用可能な「匿名」の概念としてかなり有効だと考えられます。例えば、一貫した人格のもとで自分自身の考え方をインターネット上で発表している人は実名を公開してなくても「匿名」でないということになる。)
・論争に参加する人は、馬鹿なことを言ってしまったときに恥をかけるだけ十分に詳しく自己紹介を行なわなければいけない。
・「匿名」による批判は禁止するが、「匿名」による穏当な発言は禁止しないし、「匿名」による有益な情報提供は当然歓迎する。


なぜブログで黒木ルールを準用するかと言えば、以下のようにわたし自身も考えるからに他ならない。

少なくとも私が知る限りにおいて、拝聴するに値する発言をする人たちが「匿名」であることは滅多にありません。それに対して、もちろん例外はあるにせよ、「匿名」の発言者は無責任な態度でくだらないことを平気で言うことが極めて多いのです。だから、特に「匿名」でない人たちが議論に参加し易くなるようにルールを設定することには議論の質の面で大きなメリットがあります。


今回の「後出しジャンケン」、「空」のコメントは、自己の痴漢被害の体験について記したブロガーに対して、「痴漢かどうかわからない、勘違いして相手に深い傷を負わせたかもしれないのだ」と批判している。コメントの印象としては、「かもしれない」というより「傷を負わせた」と責めているように読める。当該記事が論説系の記事でないことも考え合わせれば、これは記事への批判ではなくむしろ記事を書いた個人への説教だろう。自分がどこの誰かも明かさず、匿名・捨てハンで説教する。これは尋常なことではないと思う。コメント内容において愚劣、捨てハンという作法において卑劣。要するに「後出しジャンケン」、「空」は、「無責任な態度でくだらないことを平気で言う」人である。

捨てハンの問題点としてもう一つ、多重ハンドル疑惑がつきまとうことがあげられる。今回のことで言えば、「後出しジャンケン」と「空」が同一人物なのか別々の人物なのかは分らない。同一人物が別のハンドルを名乗って同一の場でコメントするのは、多重ハンドルによる自己の主張の水増しである。また、このブログで発言した「空」とさくらこさんのブログに現れた「空」が同一人物だという確証も無い。いずれにしても、捨てハンでの発言は様々な憶測が可能となるので、その点は発言者にとってもデメリットになる。

こういった、捨てハンで「無責任な態度でくだらないことを平気で言う」人が、継続してネット上に自分が何ものであるかを明かし、自己のハンドルネームに責任を持って文字通り名にかけて発言する人と、同じ発言権を持っているなどと錯覚しないようにこの記事を記した。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/40389063.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。