Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常な行為

身に降りかかった火の粉をはらうための記事を作成中ですが、とりあえず仙人さんのしていることが、極めて異常で理不尽な行為であることを指摘しておきます。

このブログで公開してきたイラストをまとめたサイトを作ったお知らせに、仙人さんがコメントしてきたことが事態の発端です。嫌味のような威嚇のようなコメントなので、うっすらと嫌な予感はしました。あれがどういう意味の「忠告」なのか、具体的に何をどう気をつけろということなのか分らないのですが、わたしから仙人さんに助言を求めてもいないし、心配してくれるようお願いもしていません。で、何も話し合うつもりは無いとお答えしました。

仙人さんは最初にFC2、次にヤフーブログで、直接名指しはしないものの明らかにわたしに対して、忠告を無視して不幸な目にあったら自業自得だと言い始めました。まだ自業自得と言われるような事態は何も発生していないうちにですよ。

わたしの「自業自得」論に関する考察記事は、具体的な事案に対して「自業自得」という評価をすることについて、自由や権利、自己責任といったキーワードを使って考えてみるというものです。不確定な未来のことについて、つまりどういう因果関係でどんな事態が発生したのか全く分らない時点で、あらかじめ「自業自得」という評価を下しておくなどという発想は想定外でした。「自業自得宣告」とでも名づけましょうか。あるいは「自業自得神託」。

だが、私の忠告を無視して、自ら不幸に遭う確率を高めた結果、遭うべくして遭った不幸を呪うなら、それは「自業自得」である。

自らの非を認め、反省しているなら同情に値するが、
「自分ハ悪クナイ」などと戯けたことをほざく輩には、容赦なく「自業自得」という言葉を浴びせたい。

「自業自得」は他人に向けて言い放つ言葉だろ?
トラブる!Yahoo!ブログの作り方♪?児島の仙人のきまぐれメモ

「遭うべくして遭った」というのは「必然的に遭った」という意味。つまりこの文章は、「俺の言うことを聞かないと必ず痛い目に遭うぞ。それはお前のせいだからな。そのとき、言うことを聞かなかったことを反省すれば許してやるが、そうでなければ更に罵倒してやるからな!」ということです。なんで起きてもいないことに対して、そこまで恫喝され罵倒されなければならないのか。どういう神経があればこういう理不尽な行為が行えるのか。

■追記
仙人さんがらみの記事は「自業自得」論とは似て非なるものなので、雑記書庫に移動させました。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/39227343.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。