Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットは恐ろしい(1)

今さらのようですが、わたしたちが何気なく使っているインターネットは、便利な反面色々な落とし穴待ち構えている恐ろしい世界だと思います。変なところクリックして架空請求されたり、閲覧しただけでウィルス仕込まれたり。ましてや、ブログなどの書き込みや写真アップは、全世界に自分で情報の公開・発信をしているわけで、よ?く考えてみると足がすくむ思いがします。しかも一回アップしたものは半永久的にネット上に残り続けます。ネット世界の右も左も分らず、怖さも知らない状態のときももちろんなのですが、逆にネットに慣れ過ぎて警戒心がマヒしてしまい、思わぬトラブルに巻き込まれることもあるようです。何をアップするか、何をアップしないか点検し直してみたり、ネットとの付き合い方を見つめなおすことも、時には必要なんじゃないかな?と思います。

特に個人情報をネットにアップすることには慎重さが求められます。自分や家族や友人の顔写真をアップして大丈夫?居住地や職場の情報、写真をアップして大丈夫?日本全国&全世界に自分の姿をさらけだして本当に大丈夫?今は大丈夫でも将来は大丈夫?悲しいことですが、この世には犯罪者や悪意のカタマリのような人がいつでもいるものです。普通の人があるとき悪意を持つことも十分ありえます。いつ他人の怒り、妬み、恨みを買うか分らないのです。一つ一つの情報では分らなくても、情報を蓄積・総合して個人を特定することも可能でしょう。直接自分が巻き込まれなくても、家族や友人に迷惑がかかる場合も考えられます。自分の公開している情報が、犯罪や嫌がらせ・イタズラに使われる可能性をいつも頭に入れておくべきだとわたしは思います。

           ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

さて、自分がネットがらみの犯罪や嫌がらせの被害者になったと想定してみます。凹みますね、当然。そのとき、細かい事情をよく知らない人、大して親しくない人、どこの誰とも分らない人が現れて、「そんなの自業自得だよ」と言いました。あなたならこの言葉をどう受け止めますか?

つづく。

■WEBに個人情報を載せることについての参考記事
すごい話を聞いちゃった
誰が読んでいるかわからないから。(前編) 全三回の連載
以上こにさんのご紹介
【老婆心シリーズ】子どもの写真をブログに掲載している方へ ?お節介者より
子どもの写真をウェブに公開すると誘拐される?
以上阿壇さんのご紹介

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/39149047.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。