Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び同一性保持権侵害。。。

OYAJIさんの記事ネット上の私刑(リンチ)について思う事【2】にてわたしの記事を引用していますが、
またもや著作権の侵害行為(同一性保持権侵害)が行われています。
douitsusei
 ※上記記事のキャプチャー画像に色をつけたもの

(1)前半部分の一部をOYAJIさんが勝手に太字にしてしまっています。太字は意味を強調するものです。
(2)後半部分は原文では
「どんな理由があっても、女子児童のブログにポルノ写真をイヤというほど貼り付けるのは正しい行いではない。『正義』を掲げる人たちはどうしてみんな黙ってるの??やられて当たり前だなんてヘラヘラ哂っていられるの??」
ですが、「どんな理由が?正しい行いではない。」を切除しています。
(3)前半・後半は原文と文中での順序が逆になっています。

つまり原文をご自分の都合に合うよう恣意的に切り張り、原文の意を損なっているとみなします。

著作権法
(同一性保持権)
第二十条 著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。


直ちに該当部分を修正、謝罪記事を掲示するよう要求します。
前回は謝罪は求めませんでしたが、2回目はシャレになりません。
同一性保持権侵害という同じ過ちを繰り返すということは、前の記事でわたしが危惧を表明したように、
OYAJIさんの著作権についての理解の低さ、条文さえ読んでいない可能性を露呈していると思います。
ご自分が著作権について十分に学習・理解していないのに、どうして人を教え諭すことができるのでしょう。
前回の謝罪と反省の言葉は一体なんだったのでしょうか。

同じ記事で、いくつかわたしに対して疑問を投げかけているので、簡単にお答えします。

はてなブックマークはほとんど見たことがありません。
引用されている言葉のいくつかは(事実なら)行きすぎだと感じました。
悪意ある印象操作とは思いません。
前回のわたしの記事「著作権問題をめぐる私刑について」は、
きっかけはなんであれ、中学生の女子児童が精神的暴力を振るわれていることに対して、
見て見ぬふりができなかったためにこれへの対応を最優先させたものです。
有名タレントのパブリシティ権を守ることより、児童の人権蹂躙に歯止めをかけるほうが大事
というのがわたしの価値観です。ご批判はご随意に。

以上

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/17704033.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。