Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野宿者と「生活の柄」

高田渡の代表曲の一つ「生活の柄」は、沖縄の詩人山之口貘の詩に曲をつけたものだ。元の詩と曲の詩はかなり違っているので、正確に言うと原詩を渡さんがアレンジして歌った曲だ。

歩き疲れては、夜空と陸との隙間にもぐり込んで
草に埋もれては寝たのです ところかまわず寝たのです
歩き疲れては、草に埋もれて寝たのです
歩き疲れ 寝たのですが眠れないのです
(中略)
そんな僕の生活の柄が夏向きなのでしょうか
寝たかと思うと寝たかと思うと
またも冷気にからかわれて
秋は秋からは
浮浪者のままでは眠れない

現実の渡さんは若い頃は確か文選工で、一家で古いアパート暮らしだったと聞いたことがある。ミュージシャンになってからも、「系図」(72年)のジャケットに写っている○○荘の部屋に、05年に亡くなるまで住んでいた。経済的にはとても裕福とは言うことができなかった渡さんが、「生活の柄」を訥々と歌うからこの曲が生きていたと思う。高級車を乗り回して「フォークソング」も無いもんだ。

          ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

野宿者の越冬の支援のそのまた手伝いに行った頃のことを書いてみよう。野宿者=ホームレスだ。温かい食事を提供する炊き出しと、路上で寝込んでいる人がいないか夜回りをする。路上で眠ってしまい凍死・餓死する人が毎年数百人いるとのことだった。現代の日本での話だ。寝ている人を見かけると、「先輩!」と声をかけて焚火の側に誘う。衰弱している人、たぶんアルコールでモウロウとしている人、失禁してズボンを濡らしたり、吐瀉物で衣服を汚した人もいる。みんな焚火で暖まって少し生き返る。野宿者の中に何故かいつもニコニコしている人がいた。「この人は昔ロボトミー手術された」と別の人が言った。頭の毛をかき分けて丸い傷跡を見せてくれた。ロボトミーとは精神疾患のある人の前頭葉を切除してしまう手術だ。当然人格が著しく変化する。人格を破壊する行為だ。こうした精神外科手術は現在では行われていない(はず)。その傷跡が実際に手術の跡なのか、手術がロボトミーだったのかは分らない。

わたしはちょっと病的なくらい寒さに弱いので、ある晩あまりの寒さに耐えられず焚火にずっとあたっていた。「支援に来て自分が焚火にあたっているようじゃしょうがないな」という意味のことを一人の野宿者に言われた。悲しく悔しかったが、それは言われるとおりだし、そんな自分が越冬の支援というは元々ちょっと無理があったと思った。それ以来、越冬支援には行っていない。帰り道、新年を迎えたにぎやかな街に出ると、自分の煤けた顔や髪の毛の煙の臭いがちょっと恥かしくなる。そして、晴れ着で行きかう人々と、凍死・餓死寸前の野宿者達が同じ時間を過ごしていることが、どこか現実でないような錯覚がして少しめまいがした。


この頃のこんな体験の前後で自分の中で何が変ったか、後から考えてみた。

・自業自得とか自己責任という言葉を軽々しく使えなくなった。人が困難に陥る理由は様々だろうが、必ずしも本人の能力の有無・努力の多寡・判断の正否だけで人生が決まるとは思えない。
・憲法はきれい事やお題目ばかり書いてあって役に立たないと思っていたが、第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」は、未だそれが実現していないからこそ武器になると思った。「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」国は、全ての国民が健康で文化的な最低限度の生活が営めるようにする義務があるのだ。
・社会の変革ということを、どこか人ごとのように考える傾向があったが、自分が毎日安寧に過ごせる社会、住み心地のいい社会にしたいと思うようになった。社会を良くするのは他人のためじゃなくて自分のためなのだ。自分の力できることを自分でやればいい。

☆高田渡のCDを聴きながら、寒さの厳しい今日、まとまらないままにつらつらと書いてみました。

■追記 07/12/23
「野宿の自由」論については基本的に承認します。本人の明確な意思によること、自由意志であるなら、衛生的な住環境を望む地域住民との利害の調整の対象になることを了解することが前提条件です。「狂う自由」と同様、個別具体的には微妙かつ緊張感を伴う判断が必要と思われます。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/38658784.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。