Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根餅リベンジ顛末記

さて、前回大失敗した大根餅ですが、本物を食べたことのないまま再度挑戦してみました。色々考えた挙句、基本的には前回と同じく、蒸す代わりに電子レンジで加熱してから焼くというパターンでやってみました。前回は大根から出る水分を考慮しなかったため、水分が多すぎて生地がユルユルになったと分析。あと量が多くて生地が厚すぎたのも敗因ではないかと。今度は加える水を少なくしました。なおかつ、「餅」っぽさを出すため片栗粉の分量を増やしてみました。

■材料 2?3人前
【大根】300g 
【上新粉】125g
【片栗粉】100g
【干し椎茸】2枚 
【干しホタテ貝柱】3個 
【桜海老】10g
【長ネギ】青い部分1本分
【水】椎茸とホタテの戻し汁50cc
【塩・コショウ】少々

■作り方
大根はみじん切り器を使用して粗みじん切り。椎茸と長ネギもみじん切り。ホタテは戻した後細かくほぐしました。水以外の材料を全部ボールにいれ、様子を見ながら水を加えて練り練り。前は生地が手からボタボタ垂れるくらいの水分でしたが、餃子や焼売の具のようなネットリした感じになるようにしました。

これをゴマ油を薄く塗った耐熱ガラス容器に入れ、電子レンジで10分加熱。火は通ったようなので、レンジから出してひっくり返します。また落ちてきません。。。スライムの悪夢再びか?

気を取り直して、外に出すのを止めて容器の中でフライ返しで四角く切り分けます。多少ベタベタしますが前回ほどではありません。フライパンに多めにゴマ油を入れ大根餅投入。ちょっとまた厚みがあり過ぎな感じなので、フライ返しでギュウギュウ押し付けて延ばしました。おかけでフライ返しが曲がりました。

こんがり焼き色がついたところでお皿にとり、酢醤油+練り辛子で実食。。。うん、不味くない。今回はヌチャヌチャな食感ではなく多少粘りのあるお好み焼きといったイメージです。でも餅という感じとはやっぱり違うな?。ものすごく美味しいというものでもない。。。これで成功なのだろうか?

とにかく一度本物を食べてみないとなんとも言えません。(前回もそんなこと書いたような気がする。。)あと上新粉値段高すぎ。お米の粉なのに小麦粉や片栗粉よりずっと高い。この間作っただまこ餅から思いついたのですが、ご飯をつぶした中に大根や具を混ぜて焼いてみたらどうだろうか?もはや中華の点心としての「大根餅」とは違う食べ物に成り果てるのは確実ですが、一度試しにやってみたいと思います。

大根餅

写真はやっぱりあんまり美味しそうじゃないな?。。。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/38614423.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。