Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまこ鍋

だまこ鍋1

秋田名物と言えばきりたんぽが有名ですが、ご飯を筒状にするのは中々面倒そうです。最近知った「だまこ」というのはやっぱり秋田県の食べ物で、ご飯をつぶして小さなお団子に丸めたものです。これを鶏肉やゴボウと一緒に鍋にしたのがだまこ鍋。つまりきりたんぽ鍋のだまこ版ですね。白いだまこがすごく可愛いので子どもも喜びそう。先週初めて作ったのですが抜群に美味しかったです。

だまこは本来は焼かないそうですが、香ばしさが出て煮崩れも防げるので、軽くオーブントースターで焼き色を付けてみました。

■材料 2?3人前
【ご飯】茶碗2杯
【鶏肉】400g 水炊き用の骨付きぶつ切り
【ゴボウ】1本
【長ネギ】2本
【マイタケ】1パック
【糸こんにゃく】1パック
【水菜】3?4束 セリや三つ葉でも
【醤油】75cc
【酒】100cc
【水】1200cc
※醤油・酒はお好みで加減してください。
※骨付き鶏肉や野菜から旨みが出るので、カツオや昆布の出汁は使いません。

■作り方
(1)ご飯は温かいうちにボールなどに入れ、粒がやや残る程度にすりこぎで潰し、おにぎりと同じように手に水を付けて3?4cmに丸める。オーブントースターやフライパンで焼き色をつける。
(2)ゴボウは皮をむいてささがきにし、酢水にさらしてアクを抜く。糸こんにゃくは熱湯をかけておく。
(3)長ネギは斜め切り。舞茸は食べやすい大きさに切る。水菜は6?7cmに切る。
(4)土鍋に水と鶏肉を入れて15分ほど煮立て、アクをすくってから酒・醤油を味見しながら入れる。
(5)ゴボウ・舞茸・糸こんにゃくを入れ煮込み、ゴボウが柔らかくなったら長ネギ・だまこを入れる。
(6)長ネギがしんなりしたら、最後に水菜をかぶせるように入れてすぐ火を止める。完成!

だまこ鍋2


元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/38444319.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。