Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッカーへの長い道のり(2)

とうとうシリーズ化しましたよ。クラッカー。

わたしのクラッカーのイメージは、ナビスコの「プレミアム・クラッカー」とか、前田のクラッカーのシリーズみたいな感じです。甘くなくて、サクサクしてるけどパリッとやや硬い食感。これをぜひ作ってみたい。前回の2度の失敗を踏まえ、売り物のクラッカーの原材料を調べるところから再スタートしました。そうすると、多くの商品にイーストが使われているのが分りました。つまり発酵させているんですね。なるほど!よしよし。

というわけで、まずは実験として、いつもの天然酵母のパン生地を薄く延ばして焼いてみることにしました。ミルクとパルメザンチーズを練り込んだパン生地を、厚さ2mm位に延ばし180度で20分焼いてみます。

クラッカー失敗2
見た目と香はなかなかいい感じです。クラッカーぽいです。冷ましてから触ってみるとなんか柔らかい。指で曲げても折れないで曲がります。食べてみます。あ、パンタイプのピザみたい。クラッカーやビスケットとは全く違う弾力のある食感です。予想はしていましたが、やはりパンと同じ生地じゃダメだな。次回は薄力粉を使い、もっとオリーブオイルを多くしてみるつもりです。クラッカー完成への道は遠いな??。
チーズ入りパン
ハーブパン
上は同じ生地で焼いたチーズパン、下は全粒粉2割でマジョラム、タイム、バジルの入ったハーブパンです。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/38396321.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。