Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改変された直リンクキャンペーン記事について

OYAJIさん違反直リンをやめようキャンペーン改訂版(考察用)という記事を作成しました。
元記事を切り張り、部分的にOYAJIさんの文言を挿入して作ったものです。
この記事について思うところを述べておきたいと思います。

まずOYAJIさんがこの記事を書かれた意図が今ひとつ飲み込めません。
コメント欄に「相手の文章の不備な部分を修正し妥協点を見出す為の一提案」、
追記に「真摯にこの問題に取り組むためのより良いアドバイス」、
さらに前回の記事のコメント欄
「議論はその各意見のすり合わせによるユーザー同士の合意で行われるべき事だと思います。
対立する意見が出ているのであれば、その中間点(または、妥協点)を見いださなければ
初心者ユーザーの方は余計に迷うのでは無いでしょうか?」
を読んでOYAJIさんの意図を次のように推察しました。

「直リンをやめようキャンペーン」というわたしの記事を、OYAJIさんの意見を取り入れて
わたしが修正する為の試案を作ってみた。これでお互い妥協しよう。

仮にそうだとするとわたしは賛同できません。
わたしは記事もコメントもOYAJIさんだけに向けて書いているのではなく、ヤフー・ブロガー、
その背後にいる数多くのネットユーザーに向けて書いているのです。妥協するという感覚が
分りません。OYAJIさんもわたしも素材配布者でも積極的利用者でも無く、いわば直接の当事者
ではありません。だから元々この問題に関する議論は紛争・対立とは考えていません。
わたしの記事内容と転載推奨していることに対して、OYAJIさんが異見を持ちそれを発信されて
いるわけでそれは正当な行為です。わたしも同様です。なにも妥協・合意するようなことでは無いし、
二人が妥協・合意して直リンク問題が解決するわけでもありません。
それぞれの意見を発信して、他のヤフー・ブログ・ユーザーに自分のブログをどうするか
考えてもらえれば、それで良いのではないでしょうか?
なにか、「手打ち」「ヤフー・ブログを仕切ってます」感がして違和感を感じます。

次にわたりとりさんご指摘の著作権侵害問題です。
結論から言うとわたしはOYAJIさんを著作権侵害で訴えるつもりはありません。
理由は元記事内で「この記事の転載・コピー記事・アレンジ記事でも結構です」
「転載記事・丸ごとコピー記事については全文、引用部分・引用元を明示した記事に関しては
引用部分の文責は元記事作成者にありますので、事実誤認の指摘・クレームなどがある場合は
お手数ですが元記事にお願いします。」と、制限を明記せずに改変・引用について書いているからです。
当該記事については著作権・同一性保持権を含む著作者人格権を事実上一切放棄していると
判断されても仕方が無かったかと思います。
「元記事作成者の意図と異なる改変はしないで下さい」とはっきり書いておくべきでした。
この記事の場合「意に反した改変」かどうかいう点がポイントですが、
本意とは違うが正反対に書き換えられたわけではない点が微妙なところです。

したがってわたしは、OYAJIさんがこの記事を作成した行為を、
厳密に言えば著作者の意に反した改変・同一性保持権の侵害行為と考えますが、
訴訟を起こすつもりもないし、追記に書かれたような謝罪文掲載や記事削除も求めません。
それにブロガー同士そういう争いをするのはそれこそ本意ではありません。

ただし、OYAJIさんが上記のような著作権の扱いに関するわたしの意図について十分に吟味して
この記事を書いたのかどうか、同一性保持権の行使・不行使について正確に認識していたかどうかは
疑問です。そうでなければ、わたりとりさんの指摘に対して、
「著作者が同一性保持権を行使することなく改変を許諾していると判断した」
あるいは「著作者の意に反する改変ではない」とまずこう反論するはずです。
コメントで後付的にこの点に触れるのは最初の反応から時間が経っています。
つまり、どの記事でも誰の記事でも、著作権者・著作者の意に反して改変記事を作成する可能性
=著作権・同一性保持権を含む著作者人格権を侵害する可能性はあったし今後もあるということ
だと思います。その意味ではわたりとりさんのご指摘は全く正しいと考えています。
今回はたまたまセーフというだけです。

蛇足ですがOYAJIさんが追記に書かれている「著作人格権行使の放棄条項」とは
「Yahoo! JAPANサービス利用規約」「7.Yahoo! JAPANに送信(発信)されたコンテンツについて」
を指していると思いますが、これはユーザー間の問題ではなく、
ユーザーがYahoo! JAPANに著作者人格権を行使しないことに同意するという趣旨と認識しています。

※この記事をめぐって、わたりとりさんにもご迷惑をおかけする結果になって、大変申し訳なく思います。
わたりとりさんのブログで「今後、私は直リンク議論には言及しない。」
「トンコ氏を擁護するなどと曲解されるのも不本意なので、今後はトンコ氏の記事へのコメント、
言及もいっさいしない。」とされていますが、擁護などもちろん要求しませんのでぜひ今後とも
ご発言いただきたいと思っています。
※この記事で著作権法に関してなんらかの誤解がある場合、ご指摘いただけたら幸いです。
「直リンをやめようキャンペーン改訂版」
「引用・改変はご自由に。ただし元記事作成者の意図と異なる改変はしないで下さい。」
という一文を追加しました。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/3153780.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。