Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版は見に行かない

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の公開が間近。全4部作で、今回公開の「序」は前編で、テレビ版の「ヤシマ作戦」の部分を扱っているそうだ。中編は来年公開予定、後編+完結編の公開日は未定とのこと。テレビCMも流れ始めた。公式サイトや各種ネット情報などもチラチラ見ながら、映画館に見に行こうか行くまいか迷っていたんだけど、やっぱり見に行くのやめた。

10年前にエヴァを見た人なら、10年ぶりの感慨などもあるだろうけど、わたしは去年エヴァを「体験」したばっかり。しかも単に「面白いアニメを見ました。終わり。」ということじゃなくて、その「体験」はまだ自分の中で進行中なのだ。極めて個人的な「体験」。生命の秘密、心身が成長することの不思議さ、やっかいな自我、他者との関わり方、と言葉にするとバラバラになってしまうけど、そういうことが一つの問いかけとしてわたしの中に無理矢理に侵入してきたのだ。そして、入ったっきり出て行かない。この現在進行中の個人的な「体験」に今何かを接木することは自然じゃない。

デジタル技術で絵柄がどう変るとか、アニメ界の動向とか、オタクがどうだとか、社会への影響がこうだとか、そういうことはわたしには関係ない。作者の制作意図すら関係ない。作家のエゴに付き合う気もない。表現はうんこみたいなもので、作家は一回出したものを後からどうすることもできない。煮て食おうと焼いて食おうと受け手の勝手だ。パチンコやゲームやエロフィギュアで綾波やアスカのイメージが消費されることもわたしには全く無関係だ。わたしには、わたしとエヴァンゲリオンだけが問題で他のことはどうでもいい。

☆つけたし
あ、宇多田ヒカルの歌うテーマソング「Beautiful World」、元々ヒッキー自身がエヴァ好きだけあって中々いい感じ。でも、トンコレクションで書いたけど、わたしとしてはウィズイン・テンプテーションがすっかりエヴァのBGMになっちゃってるからな?。。。"See who I am, Break through the surface"とか、"Let's show them that we can Free our minds and find a way. The world is in our hands."とか、"I've been dreaming for so long,To find a meaning To understand. The secret of life, Why am I here To try again?"とか歌うんだもん。新作も何年かたったらDVDで見ちゃうかもしれないけど、そのときもまたこれかけちゃおう!

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/35670267.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。