Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を表現する喜び

作文 木村君子

それから。うちへ。もってきた。こともたちわ。おおよろこんて。はやく。ふかした。はいはい。いますぐ。ふかしてあげるから。まっててね。やがて。ふきあがた
五にんお。ことも。たちわ。おいしそに。たべました。そのしき。こともの。かおみて。なみたが てて。がまんが。てきなかった。ことも。たちに。みつから。ないよに。むこへ。むきましたおかあちんも。たべなさい。うへの。女のこが。いました 私が。だべらだら ないのて。いのよ。おおちんわ。さき。たべたから。いいのよ しんばいしないて 
ほんとに。つらかた。おもいててす


作文 私は手を見るとき 秋本栄子

小さいとっきからはたらいた手
おしめを洗てあかきれて血なかれた手
いつもないしょくをした手
私は料理下手です
子供もか熱におかされてこりて
ひやした手
おこてぶたった手
あとで私が泣いたこともあった
子供か学校え手をひいてつれいた手
子供かせいせきがよくてほめて頭をなぜた手
九才のときからはたらき ねむていた
きかいにゆびをはさまれて切た
私しのきたからゆび三ほんも切た手
ちんぷんかんぷです 先生いわらて下さい
「江東区に夜間中学・日本語学級を作る会」の会報「夜間中学・日本語学級通信」から。


子供の頃貧しさのため学校教育を受けられず、老年になってはじめて字を覚えた方々の作文です。
最初にこれらの作文に接したのはずいぶん前のことですが、その時の感動を忘れることができません。
わたしはここに「表現」ということの原点を見てきました。「文字」という道具を手にして、
それまで心の中にあった感情や思考が形になって、他者に伝えること・他者の反応を知ることが
できるようになり、それがまた自分の心に還元されて、表現が深まったり豊かになったりする。。。

ブログが一般化して、今までインターネットになじみのない人々も、自分の表現・発信の道具として
ブログを活用できるようになりました。そして見知らぬ誰かの反応が期待できるようになりました。
わたしはヤフー・ブログ友達の記事を読んだり見たりのがとても好きです。
平凡な日常でもドラマチックなできごとでも、文章や写真・絵などが上手くても下手くそでも、
それぞれの人生を生きているそれぞれの思いが伝わって来るからです。
世界中に公開されているネットの片隅で、お互いに交流して親密になり心が触れ合えたことは、
無上の喜びでした。ヤフー・ブログを続けているのはそういう理由です。

しかし、ヤフー・ブログ内を回っていると、どうしても目に付くことがあります。
直リン画像記事の多さ。そこには「転載するときはコメント・傑作を忘れずに」などと書かれています。
たった数行の記事でのコメント・チャット。一文字コメントの羅列。傑作がいくつも押されています。
人気度をあらわす☆が点灯したことを祝う記事、そして意味のないコメントとトラバのそこへの集中。
ランキング入りを祝う記事、ランクアップを祝う記事、そしてまた数百のコメチャ。。。
訪問者数・コメント数の多さを宣伝する書き込み。記事も読まずに自分の宣伝だけする人。

自分を表現する喜び、誰かに見てもらえる喜び、反応してもらえる喜びを忘れさせ、ただただ、
人気度・ランキング・傑作とか、カウンターを回すこととに執着させる魔力が、ヤフー・ブログには
あるように思いました。そしてこれが「ブログの重さ」の一因となっているのではと思いました。
嫌気がさした普通のブロガーがヤフーを去り、一方で初心者の参入が続けば、淘汰が進んで、
やがてヤフー・ブログは「とんでもないブログ」に成り果ててしまうのではないかと思えました。

決定的なことが3月にありました。高校卒業を前にして過食症で急遽入院が決まったブログ友達に、
励ましの言葉を伝えたかったのですが、ブログが激重でそれが叶いませんでした。
これでわたしはブチ切れました。「いい加減にしてもらいたい!」はその時の記事です。

直リンキャンペーンも、これから書こうとしている「ヤフーブログ文化」批判の記事も、
わたしなりに強い動機があってのことです。なんとなく漫然と書いているわけでは無いのです。
ブログの楽しみ方も人それぞれでいい。他人がとやかく言う筋合いは無いとは思います。
でも、自分がブログをはじめたころの気持ちに戻って、自分とブログの関わりあい方を考えてみるのも
無駄ではないと思うのです。
このブログを読んでいただける方に、このことをぜひお伝えしたいと思いました。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/3133213.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。