Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめもないこと

ブログをはじめてから「アスペルガー症候群」という発達障碍のことを知った。知的障碍と言語の遅れのない自閉症ということだそうだ。丹念に調べたわけではないけれど、少し自分にも心当たりがあるような気がして、あるブログで紹介されていた自己診断テストをやってみた。
自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient: AQ)自己診断
結果は「閾値内に収まっています」つまりアスペルガー症候群ではないということだった。

いわゆる社交辞令とかがピンとこない。本気なのかそうではないのかが分らなかったりする。例え話(比喩)の意味がよくつかめない。話の途中で笑われたりすると何で笑ったのか分らなくて、気になって気になってしかたがない。会話をしていても結論をはっきり言われないと、真意が分らないからすごく気持ちが悪くていつまでもモヤモヤしてしまう。。。こんなことがよくあるのだが、それは自閉傾向とは関係ないみたい。

わたしは自分が相手の意図がよく分らないと気持悪いから、他の人もそうだろうと思いこんでいるフシがある。だから、はっきり言えることはできるだけクリアーにはっきり言いたい。でも皆はそうじゃないみたいだ。んん。。??はっきりしなくても平気なのか、はっきりさせないほうがいいということなのか、そうではなくて他人の意図は容易につかめるものなのかが分らない。

気分の浮き沈みが最近激しくて困る。昨日は「わたしが世界を変えてやる」くらいに思っていても、今日ちょっと嫌なことがあるともう疲れて疲れて、何もかも投げ捨てて泣きたくなる。周りの人がみんな、したり顔でもっともらしいことを言ってニヤニヤしているように感じる。汚らしく感じる。

何しろよく分らない。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/30248794.html
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。