Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載機能を撤廃させていくために

ヤフー・ブログの転載機能と類似した「スクラップ機能」を持つCURURUが、機能の仕様変更を行った。ヤフーの状況と同様に、著作権・肖像権等の侵害が後を絶たないのが理由のようだ。仕様変更により、転載した記事は4段階の公開レベルのうち最もオープンな「全体公開」が選択できなくなった。更に注目すべきは、機能の撤廃も視野に入れると明言していることだ。ヤフー・ブログの転載機能の問題点については繰り返し様々な角度で指摘・議論されてきた。そろそろ、転載機能の改善ないし撤廃を本気で実現する道を探る必要があると思う。CURURUの例はそれが不可能ではないことを示している。
スクラップ機能に関する仕様変更のお知らせ
(この件に関してご教示いただいたたくやさん、ありがとうございました。)

チェーン化にまつわる問題については転載機能がなくとも起こり得る。自分で表現する力を低下させるというのは価値観の問題だ。本筋はCURURUの例が示すように転載による不法行為の拡散だろう。ヤフー側に本気で機能撤廃を検討させるためには、(1)想定されるトラブルで管理者の法的責任も問われる可能性を(2)極少数と言われない程度の数のユーザーが(3)継続的に、訴えかけていくことが必要ではないか。(2)、(3)は後回しにするとして、当面(1)についてわたしたちは検討するべきだと思う。

まず、転載ボタンを表示させ転載可としていることが、著作権法と、民法でいう「契約」の観点からどう意味づけられるのかを考えなくてはならない。すでにFDさんのブログを主な意見交換の場として検討が始まっている。現段階で出されている見解の概略とそれに対するわたしの意見は以下の通り。

【複製権の限定許可】FDさん
元記事作成者(著作者)が、ヤフー・ブログ・ユーザーに限定してヤフー・ブログ内での複製・公開を許可するという解釈。再転載まで含めて一括許可しているということになる。「免許」との類似性の説明あり。
■わたしの意見 「権利の許可」という概念があるのかどうか。著作権法では、権利の主体である著作者が複製権を許可するという行為が説明できない。

【複製権の放棄】わたりとりさん
著作者による複製権の放棄。概念としてはFDさんの考えに近い。
■わたしの意見 FDさんも指摘しているが、転載可から不可に変更することの整合性が取れない。つまり放棄した権利は、将来にわたっても過去に遡及しても回復できないもの。放棄は本来無条件であって、ヤフー・ユーザー、ヤフー・ブログ内に限定するという「条件付放棄」というのは法的にありうるのか?

【複製の条件付許諾】Adan Kadanさん、わたし自身
著作者が、ヤフー・ブログ・ユーザーに限定してヤフー・ブログ内での複製・公開を許諾するという解釈。著作者の権理行使として法的整合性はある。
■わたしの意見 ノリツッコミのようだが、著作者は一次転載しか許諾に関われないのに二次以降の転載が可能であることが説明できない。

★二次以降の転載では元ブログ名が表示されなくなるのは、明らかに著作者人格権(氏名表示権)が侵害されている状態であることは一致。著作者人格権は、複製権など財産権としての狭義の著作権と違って譲渡も放棄もできない。

。。。どうも、著作権法では現行の転載機能が十分に位置づかない気がする。二次転載可能であることがどうしてもネックになる。更に意見を出し合って、いかに転載機能が不法行為の温床となりうるのか、サービス提供者が不完全で危険な機能を実装し続けけることの法的責任があるのかないのか、できれば複数の専門家のチェックを受けて意見を取りまとめヤフーに要望していく、そういう共同作業こそが機能撤廃への道だと考える。

元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/24692222.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。