Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載機能の仕様変更にあたって(2)

転載機能の仕様変更にあたって(1)の続き

ここでは転載による第三者の知的財産権侵害行為の拡散の例として「素材」記事をとりあげる。

ブログやHPの装飾用、あるいは携帯待ちうけ用の、写真、イラスト、絵文字、ライン、それらを加工し組み合わせた部活画・歌詞画・パネェ画・デコメ画像など、これをひとまとめにして「素材」と呼ぶことにする。どのブログ・サービスでも「素材」をウリにしたりコレクションしたりするブログはあるのだが、ヤフー・ブログは特に多いように感じる。ヤフー・ブログには低年齢層の「初心者」ユーザー多く、またヤフー・ブログの機能が「素材」を増殖させやすいからではないかと推測する。

「素材」を集めた記事ば同じような嗜好を持つ閲覧者を手軽に集められる。「素材」記事の転載はもっと手軽だ。転載ボタンを押すだけで自ブログ内に記事がどんどん増え、「人気度」に影響するコメントや傑作の数が稼げる。一部のユーザーにとっては「素材」はそういう魅力的なアイテムなのだ。
■参考
転載機能と直リンク

「素材」や「素材」の素材が全て自作や著作権フリーのものであれば、誰がどんな趣味嗜好でブログを運営しようと大した問題ではない。ところが「素材」の中には、企業のキャラクター・イラストや、タレント・スポーツ選手の写真が使われることも多い。いわゆる素材屋さんの作品で使用条件として加工・再配布を禁じているものが使われることもある。つまり第三者の知的財産権を侵している「素材」もあるということだ。転載機能はこれを拡散させる道具となってきた。

知的財産権侵害の拡散の典型的な例に、2005年の「goo絵文字転載事件」がある。gooブログで提供されている絵文字をヤフー・ブロガーが直リンクで無断使用する例が相次ぎ、これが転載機能でヤフー・ブログ内に拡散した。goo側から著作権侵害を指摘され、この情報がこれまた転載で広まり終息することになる。この事件の後gooは自社サーバー上の画像を外部からの直リンクで呼び出すことができないようにする措置をとった。
■参考
ブログサーバー安定運用の為の施策について gooブログ スタッフブログ
Y!B 天災機能(2) あぶないブロガー11
Y!B 天災機能(3) あぶないブロガー11

「goo絵文字転載事件」の後も、著作権・肖像権を侵害するような記事が根絶することはなかったが、昨年(06年)、ジャニーズ・タレントの画像を掲載していた女子中学生が注意を聞き入れなかったことからアラシが発生、ゲストブックにポルノ写真が貼られるという、わたしにとって非常にショッキングな事件が起きた。
■参考
著作権問題をめぐる私刑について

※この稿では個別の「素材」が具体的にどのような権利侵害をしているかは例示しません。ただ、許諾無しでのタレント写真使用は、写真の著作権侵害にはなるでしょうが、例外なく被写体のパブリシティ権侵害となるというのは誤りではないかと考えています。この点についてはいずれ詳しく。


さらに続く
転載機能の仕様変更にあたって(3)
転載機能の仕様変更にあたって(4) 


元記事 http://blogs.yahoo.co.jp/tonko_hard/28955727.html
スポンサーサイト

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。