Entries

スポンサーサイト

タマサブ、死線をさまよう

地震以降タマサブローもなんとなく調子が悪くなり、4月に入ったころからほとんど食事ができなくなってしまいました。食べていないのに黄緑がかった泡のようなものを吐く、そして鼻血が出るという状態でした。病院で診てもらい、抗生物質を注射、薬と栄養の点滴をして少し元気になっても、また翌日からぐったり。。。なんてことが続いていました。寝たきりなので、添い寝をして体を撫でたり、流動食みたいにしたご飯を一滴づつ食べ...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

「福島原発事故についての緊急建言」

Peace Philosophy Centreというサイトで、「福島原発事故についての緊急建言」を読みました。元原子力安全委員長や元日本原子力学会会長といった、日本の原発推進の中枢にいた16人の専門家が連名で3月30日に政府に提出したものです。なぜ、この極めて重要な「建言」が大々的に報道されないのか理解できません。(この「建言」が出されたれ経緯については、Peace Philosophy Centreのこちらのページを参照してください。)一読して感...

デモと桜

■×月×日、東京電力への抗議デモに参加。数日前にデモで逮捕者が出たらしいという情報もあったので、ちょっと緊張しました。道行く人の注目度がなんかすごかった。当たり前だけど。■×月×日、短時間だったけど玉川上水を散歩しました。花見の季節、近所の井の頭公園はものすごい人出でうんざりするので、一回りしたら少しだけ足をのばして上水ぞいに歩くのが例年の習慣になってる。桜だけでなく色んな花をゆっくりと見ることができる...
  • コメント : -
  • トラックバック : -

風に吹かれて

今、日本では大地震という天災と原発事故という人災で、多くの人々が苦しみ不安な時を過ごしている。歴史の教科書に載るようなできごと。だけど、それ以前にもわたしの暮らすこの国では年間3万人の人々が自ら命を絶ってきた。そして、わたしが今パソコンの電源を落として暖かいベッドにもぐりこもうとするこの夜更けに、道端で死に瀕している人たちがいる。だって、この国では毎年数百人の人々が路上で餓死・凍死・病死しているん...

引き続き被曝労働について

原子力関連施設で長年にわたって放射線管理業務に携わってこられた方のブログを見つけました。まだすべて読んでいませんが、ご自身で撮影された原発内部の写真・動画、図面などの内部資料が多数アップされており、わたしたちが原発について考える上でとても貴重な材料を提供していただいていると感じました。原子力発電所及び原発関連施設プロフィールには以下のように記載されています。ところが、原子力発電は「作業者の被ばく」...

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。