Entries

スポンサーサイト

デュラムセモリナ粉でピザを焼く

クオカで仕入れたデュラムセモリナ粉。イタリアはピエモンテ州で無農薬栽培された硬質のデュラム小麦を、1000年前と同じ石臼で挽いたという粉です。こいつで念願のピザらしいピザを焼いてみました。粉の見た目も黄味が強くて普通の小麦粉とはずいぶん違います。酵母はヨーグルト酵母を使いました。粉に酵母元種とお水と塩と砂糖とオリーブオイルを加えて、耳たぶくらいの柔らかさにコネコネします。倍くらいに膨らんだら、クリスピ...

ポモドーロ・グリッシーニ

グリッシーニとは生地を細長く延ばして焼いたイタリアのパン。カリっとしているので、パンというよりスナック感覚かな。ピザやフォカッチャと同じ生地を、ビザやフォカッチャと同じくやはり2次発酵なしで焼けばいいので手軽です。今回は水のかわりにトマト缶を使ったポモドーロ生地でグリッシーニを焼いてみました。う?ん、美味しい?☆ついつい何本も食べてしまい、気がつくとお腹いっぱいになってます。いかん、いかん。。●今回の...

酵母で作るパンケーキ

自家培養酵母が仕込んであると、パンだけじゃなくてお菓子類も作れます。パンケーキもその一つです。酵母の力で膨らませるので、ホットケーキミックスのようにベーキングパウダー特有のかすかなえぐ味・薬臭さがなく、ナチュラルなお味になります。わたしはパンケーキを焼くときは、グルテン形成を防ぐため中種を作らず酵母液を直接使います。中種使うとなんかパンっぼくなっちゃうですよね。酵母液のレーズンやりんごのフレーバー...

フォカッチャ

フォカッチャっていうのはイタリアの平たいパンで、最近はファミレスやコーヒーショップでも食べれるようになりました。パンの歴史の本を読んだら、ヨーロッパの各地に似たようなパンがあって、名前も似てるようです。語源になったのはラテン語のフォカス「Focas(火)」で、パン窯で蒸し焼きにしてふっくらと膨らませるという製法が確立する以前の、原始的なパンの姿を示しているのだそうです。ピザはこのフォカッチャの生地をさ...

粉モノ三昧の一日

いや?今日は朝から晩まで粉モノばかり食べてました。お米もらってたくさんあるのに食べてない。。来週はお米食べよう。ブランチはきのう焼いたロッゲンブロート。色んなもの乗っけて食べました。一番左はスライスチーズ。ハイジとペーターが山で食べてたお弁当みたい。あれは山羊のチーズだけど。次はスモークサーモン&玉ねぎ。これがまた美味しかった。黒胡椒とかかけたらもっと美味しいかな。右はゆで卵、それからクリームチー...

Appendix

訪問者数

とことんトンコです

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。